コロバスターの評判と口コミをチェック|メリットやデメリットも確認

コロバスターの評判や口コミをチェックしていきましょう。

コロバスターの良い評判や口コミ

コロバスターの良い評判として以下のようなものがあります。

安全に使えて助かる

コロバスターの成分である次亜塩素酸水は非常に高い安全性が確認されており、安心して使えるのが特徴です。

次亜塩素酸水の特徴として、有機物に触れると水に分解されるという特徴があります。

極端に高い濃度でなければ、皮膚に触れても大きな問題はありません。

アルコール系の除菌剤よりも使いやすい

コロバスターはこのような評判も見られます。

次亜塩素酸水は、アルコールでは届かない細胞膜を透過する特徴があるため、ノロウイルスや芽胞菌にも期待できます。

アルコール系では期待できないところまで幅広い期待できるのもコロバスターの特徴です。

コロバスターを加湿器で使うときは希釈を

コロバスターを加湿器で使うときは5倍以上に希釈して使用するのが推奨されています。

もし、希釈するのが煩わしい場合は、同じ次亜塩素酸水の製品である、除菌水ジーアなどは希釈せずそのまま空間除菌として使うことができます。

除菌水ジーアの口コミなどを見ていただくわかりますが、基本的な使用方法は変わらず、加湿器を使うときはそのままの濃度で使えるのが特徴です。

コロバスターの悪い評判・口コミは

コロバスターには悪い評判や口コミもあります。

効果が本当にあるのかといった内容や、製品自体がそもそも怪しいというような内容もあります。

コロバスターの効果については、次亜塩素酸水の効果という面で言えば、他にも多くの製品が出ており、徐々に除菌剤の主流になりつつあるため、次亜塩素酸水という成分自体には問題はありません。

厚生労働省の資料でも従来から漂白剤の成分として使われている次亜塩素酸ナトリウムとの同類性が確認されています(厚生労働省:次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性に関する資料)。

したがって、コロバスターの中身が間違いなく次亜塩素酸水であれば、間違いなく効果はあると言えます。

公式サイトによれば、第三者機関で除菌力検査を行っているということであり、日本の製品であるため、一定の信頼はおけると言えるでしょう。

コロバスターのデメリットや悪い点は

コロバスターは保存に注意が必要です。

紫外線にあたったり、開封後はなるべく早めに使用しないとただに水に変わってしまいます。

高い除菌力を誇る次亜塩素酸水ですが、保存があまり効かない点が大きなデメリットです。

保存の問題もあって、今まであまり浸透していない面もあります。

効果を維持するためにも直射日光となるべく密閉を心がけましょう。未開封でも半年程度経過したものは効果が落ちていると考えたほうが良いでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました